給湯器の基礎知識

設置形状について

屋外壁掛型

no_img

主に一戸建て住宅などの壁に取付けされています。

●確認のポイント
給湯器の下から配管が出ている

給湯器の下に配管を隠す「配管カバー」が付いていて、配管が見えない場合もございますが給湯器の側面から配管が出ていなければ壁掛けタイプです。
「据置台」がついている場合も給湯器の側面から配管が出ていなければ壁掛けタイプとなります。

屋外設置型

no_img

主に一戸建て住宅で、地面やブロックに置かれています。

●確認のポイント
給湯器の側面から配管が出ている

浴槽に穴がひとつ

屋内設置

no_img

※イラストはFE式

一戸建て住宅やマンション、店舗などに設置されています。

●確認のポイント
屋内設置型の給湯器には、FF式とFE式があります。

FF式 は、「強制給排気」式のことで、内蔵されたファンで空気を外気から取り込み、排気ガスも外へ吐き出す方式です。上についている配管が2本または2重になっています。
FE式 は、「強制排気」式のことで、空気を室内から取り込み、排気ガスだけをファンで外へ吐き出す方式です。上についている配管は1本です。

給湯能力の選び方について

石油給湯器の能力はキロカロリーで表記されます。 ご家族の人数、使い方により最適な能力を選択して下さい。

給湯方式について

給湯方式について

石油給湯器にはおもに「水道圧をそのまま給湯に利用する直圧式」と「一度貯めたお湯を給湯に使うセミ貯湯式」があります。

直圧式は必要な時必要なだけお湯をつくるので「湯切れ」を起こしません。 水道圧をそのまま利用するのでシャワーに勢いがあります。 一方、セミ貯湯式は一定量のお湯タンクに貯めて給油するので、シャワーの勢いは弱いですが、出したり止めたりしても温度変化が少ないことが特徴です。
セミ貯湯式のなかにも約2倍(0.2MPa)の給水圧力で勢いのあるシャワーが楽しめる「高圧力型」もあります。

ふろ給湯器(標準・オートタイプ・フルオートタイプ)、給湯器(給湯専用)とは

給湯方式について

フルオート、オート、給湯専用とは

フルオートタイプ(全自動)
シャワーの温度や量、おふろの自動お湯はりや自動保温、自動たし湯もスイッチを押すだけで、給湯器が全て全自動で行います。

フルオートタイプ

オートタイプ(自動)
シャワーの温度や量、スイッチを押すだけで自動お湯はりや自動保温を給湯器が自動で行います。

オートタイプ(自動)

標準(手動)
給水栓でお湯はりを行い、手動でお湯貼りストップ。スイッチを押すだけで追いだき自動保温を行います。

標準(手動)

給湯専用
給水栓でお湯はりを行います。オートストップタイプは自動でお湯はりをストップします。

給湯専用

エコフィールタイプと一般タイプの違い

石油給湯器には"一般タイプ"、熱効率を高めた省エネの"エコフィールタイプ"があります。

一般タイプ
従来からの標準的なタイプです。価格が安く初期費用を抑えることができます。

エコフィールタイプ
一般タイプよりも熱効率が高く、灯油使用量をカットし、CO2排出量も13%程削減できる省エネタイプです。
価格は高くなりますがCO2排出量を削減し、灯油使用量を(年間約8,000円※)抑える事ができます。
※灯油使用時の平均的な目安です。
※実際にはご使用量、により変動いたします。
※燃料単価102円/Lでの算出です。

給湯専用や高温足し湯タイプからおいだき付へ変更の注意

追炊き

給湯専用からおいだき付へ取替えの場合、浴槽に追いだき用の穴を開ける必要があります。穴を開けられない場合は取替えできません。

高温足し湯タイプからおいだき付へ取替えの場合

おいだき配管と、おいだきアダプターの取替えが必要です。おいだき配管の距離によって、金額が変わりますが、基本工事費+2万円〜5万円必要です。

CONTENTS
  • お客様インタビュー

    お客様にインタビューさせて頂きました。

  • 施工事例

    これまで施工させていただいた事例をご紹介いたします!

  • スタッフ紹介

    私たちが皆さんの快適ライフをサポートします!

  • スタッフブログ

    お得情報や施工の様子、スタッフの日常を綴ります。

  • 工事保障について

    お客様の安心と信頼の証。

エコ*リラ*キレイ

新しい幸せを、わかすこと。NORITZ

おそうじ浴槽標準搭載

ライフプラス

ノーリツ九州販売株式会社

ライフプラス