ガス給湯器・石油給湯器・ガスコンロ・太陽熱温水器設置施工の専門ショップ。
福岡・九州で住設設備を頼むなら信頼と実績のノーリツグループのスピード対応のにお任せください。

平成25年度給湯器ガスコンロ販売実績14,000件以上フリーダイヤルでお気軽にお問い合わせください! 0120-779-026

ライフプラス

ノーリツ九州販売株式会社は、ノーリツの100%子会社です。

初めての方へ

どのガスコンロを選んで良いかわからない方へ、お望みの機能を選ぶだけでカンタンにほしいガスコンロの商品が一目でわかります。

商品ラインナップ

CONTENTS

給湯器凍結のトラブルについて

2018.2.6

大変寒い日が続きますね。暖かいといわれる九州も各地で積雪や凍結がここ数年ニュースとなりますね。給湯器の配管の凍結の問合せも急に増えてきています。 凍結する箇所は給湯配管や追い炊き配管、水道管など様々です。まずは凍結箇所を特定していただき、以下の対処法を試みてください。ただし10年以上ご使用されている給湯器の場合、ほかの原因による故障も考えられますので、早めにご連絡ください。 お問い合わせ先 ライフプラス 0120−779−026 【凍結対処方法について】 自然解凍を待つ まずは運転スイッチを「切」にしてください。(「入」にしていると燃焼する場合があります) 気温の上昇により自然に解凍するまで待つことをおすすめします。 給湯栓から水が出るようになっても、機器や配管から水漏れなどがないかよくご確認のうえ、使用してください。 お湯で解凍する場合 給湯栓を開けてタオルを給水元栓のまわりに巻いて、人肌程度(30〜40℃)のぬるま湯を給水元栓に巻いたタオルにゆっくりかけてください。 給水元栓が回る(水が流れる音がする)ようになったら、開けておいた家の中の給湯栓を閉めてください。 タオルを外し、給水元栓のまわりについた水を乾いた布で拭き取ってください。 ※熱湯をかけると配管が破裂するおそれがあります。 ※機器の電源コード・プラグ、コンセントにお湯がかからないように注意してください。 ※ガス栓とまちがえないように注意してください。 ※保温材や配管に水がついて残ると、その水が原因で後に再び凍結する恐れがあります 。 対策をしても給湯器からお湯がでない場合は、修理もしくはお取替えの必要がございます。 下記フリーダイヤルにお問い合わせください。 ライフプラス応対窓口 0120−779−026

一覧へ戻る